説明

水野鍛錬所「源昭忠」について

創業1872年明治5年(1872年)創業の日本刀・庖丁を鍛える工房です。
戦後の法隆寺の大改修の時、国宝五重塔九輪の四方にかかっている「魔除け鎌」を鍛造し、昭和27年(1952年)に奉納しました。
「魔除け鎌」は200~300年に一度かけかえられるとのことですが、1300年前のものも含まれる法隆寺の古釘を集めて作られています。この「魔除け鎌」と心柱の釘が店内で実際に手にもつことが出来ます。
また、全日本学生相撲選手権優勝者に贈られる日本刀の鍛刀もしており、元横綱輪島関や元大関朝潮関なども持っておられます。
主力商品である料理用庖丁は国内、海外の多くの調理人の方々にご愛顧いただいております。

  • 刃渡り:約180mm
  • 全長:約mm
  • 刃幅:約mm
  • 峰厚:約mm
  • 鋼材:本焼 青二鋼 両鏡面
  • 柄:黒檀八角水牛口輪